新しモン好きblog.

新しいモノが好きで始めたblog。ゲームが好きですよ。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

新モデルが値段据え置き!音声認識プラス!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 書かずにはいれなかった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』レビュー。とにかくオススメしたい!
    魔人 (03/30)
  • 書かずにはいれなかった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』レビュー。とにかくオススメしたい!
    りーらい (03/29)
  • ニンテンドースイッチ発売まであと少し!SDカードなど買っておきたいモノまとめ!
    魔人 (02/23)
  • ニンテンドースイッチ発売まであと少し!SDカードなど買っておきたいモノまとめ!
    noname (02/23)
  • コナミ、PS3『サイレント・ヒル HDコレクション』発売日決定&予約開始!ホラーゲームの金字塔、過去2作がHD画質で蘇る!
    魔人 (01/31)
  • コナミ、PS3『サイレント・ヒル HDコレクション』発売日決定&予約開始!ホラーゲームの金字塔、過去2作がHD画質で蘇る!
    マクガイバー (01/31)
  • MGS PW、追加コンテンツ近日開始予定!!
    魔人 (06/09)
  • MGS PW、追加コンテンツ近日開始予定!!
    不明 (06/09)
  • PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」第二期予約受付開始!お早めに!
    魔人 (11/03)
  • PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」第二期予約受付開始!お早めに!
    通りすがりの難民 (11/02)
RECENT TRACKBACK
twitter
ブログクラブ
モラタメ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< ニンテンドースイッチ用持ち運び電源は?安くコンパクトな互換電源アダプター新発売! | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | -
0
    書かずにはいれなかった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』レビュー。とにかくオススメしたい!


    NS/WiiUで発売したゼルダの伝説最新作『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』。
    レビューなどすることも予定しなかったのだけど、どうしてもこの良さを伝えたくレビューすることにしました。


    ゲームのレビューでネタバレなし!とは、なんとも矛盾のようなことになってしまいますが、極力ネタバレせずにレビューを心がけますが、この時期にどんな情報も入れたくない!という珍しい方はこちらを読まずプレイ後に是非読んで頂きたい。ただ、プレイしてない方にも是非買ってほしいと思いますので、是非読んで頂けたらうれしいです。

    気になる方は、続きよりどうぞ。


    JUGEMテーマ:ゲーム


    特にゼルダ好きではない人がハマった

    まずは、自分のゼルダシリーズに対する想い、というか歴史ですが、元々はゼルダシリーズはそこまで好きというわけではなく、プレイしたのはWii版『トワイライトプリンセス』DS版『大地の汽笛』ぐらいしか記憶にない。というほぼにわかに近いプレイヤー。ゼルダのファンではない自分が一気にファンになった。ぐらいのイメージです。そのぐらいハマったゲームとなりました。色々なゲームレビューサイトの評価が高い意味はやってみたら必ず納得出来ます。

    基本的にマリオ、メタルギア、ノーティードッグ、ロックスター・ゲームスが自分的には好きです(出たら絶対買うシリーズ)が本作は一位かもと本気で思います。シリーズで言うと難しいですが、一作品だけで言うと一位と言っていいかと思っています。

    「ニンテンドースイッチ買ったからとりあえず」ぐらいな感じでしたが、このために買ってよかったと思ってます(元はスプラトゥーン2とマリオカートの為でした)。


    欠点があるのに個性ととれるゲーム

    世間でも同じように言われていますが、ゼルダにも欠点があります。
    多いのがコントローラー設定が出来ない点。自分も使いにくいと思った点です。ジャンプボタンがXなど、少々使いにくいところがありました。ただ実際使っていくとあまり気にならない程に。逆に個性となって感じました(ゲームを進めてるとあまり重要度がないボタンをXに割り振った気がしました)。他にもあげれば色々とありますが、どんなゲームでもこういった少し癖のあるゲームのほうが心に残るのかもな、とファミコン世代の自分は思ったわけです。癖がある方が今だにやりたくなりますよね。


    2Dゼルダプロトタイプやりたい


    オープンワールドゲーム特有の飽きが来ない

    今作のゼルダは、どこにでもいけるオープンワールドゲームとなっています(公式ではオープンエアー)。
    オープンワールドゲームにはメインミッションの他に目的とは違うミニミッションなどが存在する。それはゼルダでも同じ点だが、他と違うのは苦にならないような工夫をしているがあげられます。

    これまでのオープンワールドゲームではただ広い。というのが多かったです。ゼルダにはそれがない。意味のない場所がない。地図を見て「ここにはイベントがないな」と行ってみると何かしら仕掛けが存在していて、何もなかったところを探して行くぐらいの感じでした。これまでのゲームではただミッションをこなすということに後半につれどんどんなっていく事が多かったのですが、ゼルダにはそれがないのが素晴らしかったです。(そのせいで辞め時がわからないのが悪い点ですかね笑)


    色々なやり方で攻略できる楽しさ

    ボス以外は基本的に多彩な技や仕掛けにより色々な攻略が出来ます。多彩な物理演算などのお陰といってもいいですね。公開されている「THE MAKING OF ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」にも色々な映像がありますが「こんなやり方で出来るんだ!!」と感心させられます。またやりたくなってきます笑




    新しい発見が常にある

    「雨の日には滑って崖など登りにくい」や「雷に打たれやすい」など現実世界にもありそうなリアルなことが盛り込まれており、物理演算でただ盛り込まれているだけでなく物語にも深く関わってくるのが素晴らしいところ。物語の序盤にそういった仕掛けをプレイヤーに体験させておいて、染み込んだあとプレイに生かされていきます。いままでのオープンワールドゲームにはなかった点と言っていいと思う。素晴らしいの一言。


    音楽が素晴らしい

    ここだけの話、自分は音楽の仕事に従事しています。普通の方でも一聴すればわかるかもしれませんが、音楽が素晴らしい。いままでのゼルダのテーマ曲などもありますが、新たに作られた曲も素晴らしく、全体的にピアノ旋律を基本としたオーケストレーションで構成されています。ムービーなど盛り上がる所はオーケストラによる豪華な演奏。切ない物語の部分では語りかけるようなピアノの優しい演奏となっています。すべてに言えることは、どのくらいお金かけたんだろう?と心配してしまうほど良い音で録られていてサントラが是非欲しいです(コレクターズ・エディションではサントラが付いています)。

    メイキング「オープンエアー、物理エンジン、音楽」について語っています。



    歯ごたえがあるようでなく、ないようである

    プロデューサーの青沼さんは「最初から最後のボスにいける」と話しておられました。確かにオープンワールドゲームなので最後のボスまでいけますがすごい大変だと思います。旅をする、物語を楽しんでいるうちに、敵の倒し方や装備などを自然に覚え整えていくように作られています。終盤になると自然と戦い方や装備が変わってきて、敵が弱く戦いやすくなります。そこがこのゲームの素晴らしいレベルデザイン。強い敵は多いのですが必ず攻略法を備えている点が素晴らしい。このゲームをやっていくと「全然倒せない敵は倒し方が間違ってる」と感じていきます。この作品はアクションゲームに見えてパズルゲーム。と思っていて、今回は敵の倒し方にまでパズル要素が加わった印象です。

    アクションゲームが不得意な方にもオススメできると思います。元々厳しいアクションはあまり多くされていない印象で倒したくない敵は回避できますし、ゼルダシリーズお得意の謎解きもたくさん出ていくるのでオープンワールド入門者にもオススメしたいと思います。また、ゲームオーバーになっても、ほど近くの場所から始まるのでそれも良い点。


    キャラクター、特にゼルダ姫の描写がいい

    レビューを書きたいと思った一番の理由かもしれません。
    歴代のゼルダ姫とはまったく違う印象のゼルダ姫(ゼルダシリーズは基本的には人物自体はつながってない)。姫っぽくない姫。という感じです。それが物語に深みを持たすとても素晴らしいキャラクターになっています。オープンワールドなので物語を飛ばしてクリアすることも出来ますが、ゼルダの物語をすべてを見てからクリアしたくなる(やらないと見れない映像がある)仕掛けというか、魅力があります。すべてのキャラクターに言えることですが、最初は違う印象からどんどん変わっていき、ハマっていきます。

    THE MAKING OF ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド [ストーリー/キャラクター]



    amiibo ゼルダ【ブレス オブ ザ ワイルド】 (ゼルダの伝説シリーズ)amiibo リンク (弓) 【ブレス オブ ザ ワイルド】 (ゼルダの伝説シリーズ)amiibo ガーディアン【ブレス オブ ザ ワイルド】 (ゼルダの伝説シリーズ)
    amiibo ゼルダ【ブレス オブ ザ ワイルド】 (ゼルダの伝説シリーズ)
    amiibo リンク (弓) 【ブレス オブ ザ ワイルド】 (ゼルダの伝説シリーズ)
    amiibo ガーディアン【ブレス オブ ザ ワイルド】 (ゼルダの伝説シリーズ)
    ガーディアン欲しくなってきますね。。。


    やりこみしない人がやりこむゲーム

    まったく自分はゲームをやりこまないのですが、クリア後も「あれやり逃してる」とやってしまう魅力が本作にはあります。それは何かと考えると広大な世界に配置された膨大な仕掛け。前にも書きましたが、何もないところがない。という事。広大な世界ですので、行ってみて何もない。。。というのは嫌になるポイント。それがないと言ってもいい。

    ちなみに、コログの実という(メインでも使用するが収集系のアイテム)のが存在するのですが、聞けば600ほどあるそうで、見つけたのは100程度。。。これだけでも凄いですが、クリア後でもプレイすればしただけ発見がありました。ミニミッションはもちろんミニゲームなどもたくさんありますし、もしかしたら数年も遊べるかもしれないぐらいのボリュームです。


    是非Switchでやってほしい

    これはゼルダ、というよりはゲームハードのレビューに近いですが、オープンワールドゲームを据え置き機の大画面と携帯機で遊べるという、夢だったことが実現しています。オープンワールドは時間が吸い取られるモノですので、特に携帯機は嬉しい。また、NintendoSwitchの動作のサクサクも相まって、すぐにゲームを始める、やめれるのが嬉しい(スリープ機能が素晴らしい)。

    Wii Uでも発売した本作ですが、どうしてもやりたくてWii U版を買った友人に聞くと「起動など大変だからSwitch版また買う」とのこと笑 Wii U自体の起動&ディスクという難点もありSwitch版がいいのかもなぁと。とはいえ、まだまだ数が足りてませんからね。増産を急いで欲しいところですね。

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッドNintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
    Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー



    クリア後にPVをもう一度見て欲しい

    プレイ前に見るのが普通なトレーラーですが、クリア後にも是非見て欲しいです。色々な感情が蘇ってきて、音楽にもまた勇気をもらえます。そして、またやりたくなるっていう感じで笑



    とにかくオススメしたかった

    長々と書いてきましたが、結局文章ではどうしても伝わらない、映像ではどうしても伝わらない、と思います。実際1stトレーラーなどの映像を見た時はあまり興味がわきませんでした。2nd、3rdトレーラーで「あれ?これ面白そう」と思った程度。やってみたらその10倍・・・いやもっと面白かった(100倍は嘘っぽいかと思ったので10倍にしました笑)。

    繰り返しになりますが、オープンワールドゲームが初めての方、アクションゲームが不得意な方はもちろん、オープンワールドもゼルダも全然やったことある方にも是非オススメしたいと思います。普通のオープンワールドにはない物語の深み、普通のアクションゲームにはない仕掛け、任天堂が作るとこんなにも新しいオープンワールドゲームが出来るのかと。だからオープンエアーと言っているのかもしれませんね。

    「買って損はない」という言葉がありますが「買って徳しかない」と言っても良いかと思います。このレビューで少しでも気になった方は、是非手にとって遊んでもらいたいです。レビューなんて書く気がなかったのに書いてしまったくらいですから。動画で見るのとプレイするのとでは全然違うと思いました。これはやってほしいなぁと。



    写真もほぼなく、動画を貼っただけで、読みにくくて申し訳ないです。
    それでも最後まで読んでいただいた方、いらっしゃいましたら、ありがとうございました。
    気になっている方がいたら是非ゼルダをやってみてください。それでは楽しいゲームライフを!


    | 任天堂 | 17:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
      スポンサーサイト
      | - | 17:41 | - | - | - | -
      このエントリーをはてなブックマークに追加
      0
        >りーらいさん
        twitterでもいいね、ありがとうございました!音楽に惚れちゃって、いまからコレクターズ・エディション買おうかと思うぐらいです笑 いままでゼルダにハマらなかったので(嫌いという意味ではなく)、今回のゼルダはイチオシで、レビュー書いてしまいました!クリアはしましたがまだまだやります^^コメントありがとうございました!嬉しかったです!
        あ、Let it Die見てます!そちらも楽しみにしていますね!
        | 魔人 | 2017/03/30 1:02 AM |
        記事、楽しく拝読しました。
        私も今プレイ中なのですが、音楽が本っ当に素敵ですね。
        ピアノの旋律が美しすぎて、うっとりしてしまいます。
        過去のゼルダシリーズを数多くプレイしてきたファンとしても、
        この新しいゼルダは有りだと思います。
        今までの要素もありつつ、まだこんな事も盛り込めるんだ!と、嬉しくなりました。
        スイッチ購入して良かったですよね〜ほんとに(●´v`●)
        それではまた!
        | りーらい | 2017/03/29 11:24 PM |









        http://hanage-magin.jugem.jp/trackback/3865
        このページの先頭へ