CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< マイケルジャクソン新譜『Xscupe(エスケイプ)』を今更レビュー!最高傑作じゃないか!? | main | 【PS4編】DUALSHOCK4コントローラーを分解して修理をしてみた【知恵袋】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最新ドキュメンタリーフィルム収録『オフ・ザ・ウォール』発売!とても良い!特に…

オフ・ザ・ウォール デラックス・エディション(初仕様付期間生産限定盤)(Blu-ray付)


オフ・ザ・ウォール デラックス・エディション(初仕様付期間生産限定盤)(Blu-ray付)
オフ・ザ・ウォール デラックス・エディション(初仕様付期間生産限定盤)(DVD付)

世界で一番好きなアルバム『オフ・ザ・ウォール』デジタルリマスターを買っちゃいました。
リマスターなどにはあまり興味ないのですが、買ってしまったのには訳がありまして・・・(続きにて)

JUGEMテーマ:音楽

思えば、かれこれ久しぶりに寄稿します(笑)
マイケルの新譜やリマスターの度になりそうな今日このごろですが・・・(^_^;)
良かったものを自分の中に秘めたままでいるのはちょっと寂しいので、こちらに。

もちろんゲームもやっています!(ディビジョン楽しみ!)


さてさて、リマスターなどにあまり興味が無い自分ですが、今回購入したのにはわけがあります。
それが最新ドキュメンタリー映像です。


こちらで使用している映像はもちろん全て入っています。


スパイク・リー監督が10歳から23歳の頃のアーカイブ映像から厳選し、
50名にも及ぶ貴重なインタビューで構成された素晴らしい93分となっています。
当時の関係者やマイケル一家、デビットフォスターやスティービーワンダーなど
錚々たるメンバーがこのために撮られた映像で構成されていて
とても興味深く、豪華な93分となっていて、長さも感じられないほどの作品です。

もちろんマイケルのインタビュー映像も収録されていて、
古い映像ですが物語を紡ぐように丁寧に使用されていて素晴らしいです。


この作品より、世間的には次作の「BAD」だったり「Thriller」が有名ですが、
その作品へとつながる本作であって、本作を作る上で裏でどのようなことがあったのかなど、
いろいろと裏事情が分かるようになっています。(核心には触れませんがw)

ジャクソン5全盛からジャクソンズへ名前が変わり、その中でひとりだけソロへ行くという・・・
まあこれだけで色々あったのが分かる感じしますね。
ちなみにドキュメンタリーで出てきたジャクソンズの「デスティニー」が好きなので、
気になった方はコチラもぜひオススメです。

デスティニー~今夜はブギー・ナイト
デスティニー~今夜はブギー・ナイト


そして、ファレルウィリアムスも出てきて語っていましたが、
黒人が今こうして作品を残せたりグラミー賞など受賞できるのはこの作品(マイケル)のお陰と言っています。
日本ではこういった差別の感覚があまりわからないですが、
当時はどういう雰囲気だったなども少し分かる気がします。

また、それを真逆にしてしまった次作「BAD」「Thriller」。
人種差別さえ変えてしまうような始まりとなった作品といっても過言ではないと思います。
いままでは、ただ「かっこいいな」という感覚でしたが、これがきっかけに色々と変わっていった、変えていったマイケルは改めて凄いな。。。と。

GirlGirl


最後の方のマイケルのインタビュー映像では、一生現状に満足しない姿が見ることが出来ます。
これを見て自分も頑張ろうと思いましたw ポップの王様に言われたらねぇw



ということで、ドキュメンタリーは豪華で素晴らしい作りになっていますので、
元々本作を持っている方でも購入をオススメしますよ!

ま、本来であれば安いので輸入盤を買うのですが、ドキュメンタリーとなると字幕がね・・・笑
ということで、日本版をオススメします。というか英語がわからないと全然わかりませんw



CDジャケットにチョークでなにか書けたりする日本版仕様は全然意味わかりませんが笑



こんなうまくできないわ!!!



| マイケル・ジャクソン | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック